防災用食料

食料も水とならんで、必ず確保しておきたいものの1つです。備えておきた食料の種類、量を確認してみましょう。

どのような保存食がよいのか?

乾パンかつては保存食といえば乾パンでした。確かに乾パンは、賞味期限が5年と長期保存が可能で、調理の必要がなくそのまま食べることができ、缶に入っているので破損が起き難いというメリットがあります。さらに、高温でも腐りにくく、変質が起きにくい乾パンは非常食として広く普及してきました。保存食として優れた能力のある乾パンですが、乾パンにもデメリットがあります。それは、乾いてぱさぱさしているため、食べるとのどが渇くということです。水は災害時にもっともと大切なものですから、乾パンを摂取することで、その水を余計に消費してしまうことにもなりかねません。また、現実的に考えて、毎日食事が乾パンだけというのも厳しいものがあります。

乾パンだけでなく、レトルト食品や缶詰など必要以上にのどが渇かない食料を中心に備えておくのがよいと思います。

バリエーション豊富に準備する

1種類しか用意していないと、飽きてしまいますし、その時の体調により食べられない可能性もあります。豊富な種類の食べ物がたくさんあることは、精神的な安定にもつながりますので、いくつかの種類の食べ物を防災用として常に備えておきたいところです。

アルファ米

防災用保存食 アルファ米お米があると気分的にぐっと落ち着きます。やはり日本人だからでしょうか。
アルファ米は長期保存が可能で、お湯または水を入れることで食べられるレトルト食品です。長期保存が可能で水でもOKということで防災用の保存食としてぜひ用意しておきたい一品です。

缶詰

防災用保存食 缶詰缶詰は長期保存が可能で缶に入っていることで、万が一家屋に被害が及んだ場合でも、被害を受けづらいため防災用保存食として用意しておくとよいでしょう。缶詰の種類の選択ですが、被災時にはタンパク質が入手しづらくなりますので、肉、魚などのタンパク質類を中心にそろえておくことをおすすめします。また、缶詰は日常生活でも利用しやすいため、賞味期限が近づいたものはそのまま普段の食事で食べればよく、無駄になりづらいというメリットもあります。

チョコレート、お菓子

チョコレート普段食べ慣れないものを食べつづけなければならないのは、思ったよりストレスがかかるものです。本当は日常生活と同じものが食べられればよいのですが、被災した状態でそれを望むのは現実的には難しいです。そこで主食は無理でもお菓子は日常食べなれたものを常備しておくとよいでしょう。甘いものがあるとだいぶ心も落ち着きます。特にチョコレートにはもともと心を落ち着かせる成分がありますので、常備しておくことをおすすめします。ただし、しょっぱいものは喉が渇く原因になりますので、控えておいたほうが無難です。
また、お菓子の賞味期限はそれほど長くないので、防災用に備蓄するというよりは、「常備しておく」という考え方で準備をしておくとよいと思います。

何日分用意すればいいのか?

食料も水と同じく3日分は用意しよう、という記述をよく見ますが、震災規模が大きければ大きいほど、食料が日常通り手に入るのはかなり先のことになることが予想されます。というのも、まず復旧の順序として、水道、電気などのライフラインが優先されます。食料は店舗と流通が回復しないと今まで通りに手に入れることはできませんので、当面は配給に頼ることになります。
ただし、首都直下型地震により被害が甚大の場合、必要な配給量もかつてない量になることが想定され、しばらくの間、配給が十分に行き渡らず、自力で食料をまかなわなければならなくなることも考えられます。そういう状況も想定すると、最低一人あたり10日間の食料は用意しておいたほうがよいでしょう。できれば、20日分程度を用意しておくと、とりあえずは安心できるレベルになると思います。

おすすめの保存食

味にもこだわったおすすめの保存食を集めてみました。

味にもこだわりたい 防災用保存食