必ず事前に確認しておきたい!災害用伝言サービス

災害用伝言ダイヤル

地震などの大きな災害が発生すると、被災地へ電話が殺到し、回線が混み合って繋がりにくくなります。東日本大震災の直後も、最大で平常時の約50倍以上の通話が一時的に集中しました。そのような場合は電話での連絡は極めて困難であるため、家族や恋人、友人、知人等との連絡は、通信事業各社が提供している「災害用伝言サービス」を利用しましょう。

災害用伝言ダイヤルの種類

災害用伝言ダイヤルには以下の3つの種類があります。

災害用伝言ダイヤル(171)

災害用伝言ダイヤル

「災害用伝言ダイヤル(171)」はNTT東日本、西日本が運営している伝言ダイヤルサービスです。
使い方はとても簡単で、171に電話し、自分あるいは、安否を確認したい方の電話番号を入力し、「伝言の録音」、または「伝言の再生」をするだけです。
「伝言の録音」「伝言の再生」は暗証番号付きにすることも可能です。暗証番号を使う場合には、予め当人同士で取り決めておく必要がありますね。

伝言ダイヤルは通常時は運営されていませんが、利用体験が可能です。事前に手順などを確認しておきたい場合には、利用体験を利用してみるのもよいでしょう。なお、利用体験も常にやっているわけではなく、特定の日時のみの運営ですので、スケジュールについては、以下のNTT東日本、NTT西日本のホームページを参照してください。

NTT東日本 災害用伝言ダイヤル(171)
NTT西日本 災害用伝言ダイヤル(171)


災害用ブロードバンド伝言板(web171)

災害用ブロードバンド伝言板

「災害用ブロードバンド伝言板(web171)」もNTT東日本、西日本が運営している伝言ダイヤルのWeb版です。
使い方も「伝言ダイヤル(171)」と同じで、「伝言の登録」、「伝言の閲覧」というシンプルなものです。伝言が音声ではなく、文字になっただけと言えばわかりやすいでしょうか。

web171 も、特定の日時で利用体験が可能ですので、事前に確認したい方は利用体験スケジュールを確認してみてください。

NTT東日本 災害用ブロードバンド伝言板(web171)
NTT西日本 災害用ブロードバンド伝言板(web171)


携帯各社の災害用伝言サービス

携帯各社が提供している災害用伝言サービスもあります。利用方法は各社により異なりますので、詳しくは各通信会社のホームページを参照してください。

NTT Docomo 災害用安否確認
au 災害用伝言板サービス
softbank 災害用伝言板
イーモバイル 災害用伝言板サービス
ウィルコム 災害用伝言板サービス


なお、それぞれのサービスは各社が独自に運営していますが、各会社をまたがっての横断検索が可能になっていますので、自分と相手の携帯会社が異なっても利用することが可能です。