長期間保存可能な保存水

防災対策の備蓄として、飲料可能な水は最低1日一人あたり3リットルを5日分は用意しておきたいところです。通常のミネラルウォータを備蓄するのでもかまわないのですが、消費期限が短いものを大量において置くと、使い切れずに無駄にしてしまうことがあります。
通常のミネラルウォーターと長期保存可能な保存水の両方を備蓄して、なるべく無駄のないようにしておくのがよいでしょう。

なぜ長期間の保存が可能なのか?

長期保存可能な保存水は、微生物の混入、細菌類、有機物などの不純物の含有量が少なく、活性化された腐りにくい自然水を、空気が入らないようにボトル詰めすることで、長期保存を可能にしています。

おすすめの保存水

長期保存可能なおすすめの保存水を3点ピックアップしてみました。

10年保存可能な「飲むおんせんVeil・ベール」

10年保存可能 おんせん水10年保存可能な飲むおんせん「Veil」

飲むおんせん「Veil・ベール」は中川温泉・信玄館の温泉を源泉100%で飲用許可を取得し、自然のまま飲めるようにした鉱泉水です。普通のミネラルウォーターとしても日常的に飲むのもよいのですが、この商品の特徴はなんといっても10年という長期保存が可能なところです。
防災用の備蓄水としてもおすすめです。


5年保存可能な「富士山麓の保存水」

防災用 富士山麓の保存水【5年保存可能】富士山麓の保存水

「富士山麓の保存水」は富士山の積雪が数十年の歳月をかけて、幾重にも重なる玄武岩(岩盤)を透して出来たナチュラルミネラルウォーターです。非常用飲料として、東京をはじめ、全国各地の自治体や防災用品企業に納入・採用されている商品です。
もともと非常用水として開発されたもので、保存期間は5年となっています。


5年保存可能な「スーパー保存水」

5年保存可能 スーパー保存水【5年保存可能】スーパー保存水

「スーパー保存水」は北上山地の地表下600mに沸く自然鉱泉水を加熱処理することにより5年間の保存を可能にした商品です。「富士山麓の保存水」と比べると、やや価格が安いことが魅力的です。


飲み水以外にも必要な水の備蓄量については、「水の備蓄」のページを参照してください。