味にもこだわりたい 防災用保存食

防災用の食料というとまず「かんパン」を思い浮かべる人も多いでしょう。確かに「かんパン」は長期保存が可能ですし、気候の変化にも強いという特徴があり、優れた保存食ではあります。

しかし、日常生活で「かんパン」だけを食べて過ごすことが出来るでしょうか?
被災するということは非常事態であり、そういう非常事態であれば、「かんパン」だけを食べる生活だって我慢できるだろう考えている人もいるかもしれませんが、被災した場合、我慢するのは食事だけではありません。電気、水道、ガス等のライフラインはしばらく使えない状態だとすると、いつも普通にやっていたことがほとんど出来ない状態になります。つまり、全てに我慢を強いられるのです。

被災という大きなストレスがない状態でも、食べ続けられないものを、実際に被災し食事以外にも多くのストレスを感じる状態のなかで、食べ続けることが出来るでしょうか?もちろん、我慢しながら食べ続けることは出来るとは思います。
しかし、電気や水道は自分だけの備えではどうにも出来ない部分がありますが食事はある程度自分たちで考えて備えることが出来ます。ほかの事で我慢を強いられるなら、せめて食事だけは、満足とはいかないまでも、多少なりとも余裕をもったものを備えておきたいところです。
被災した場合、食事は最大の楽しみの1つになるでしょう。そんな食事だからこそ、味も少しこだわりをもって選びたいですね。

本当は普通の食事がよいのですが、保存期間が短いものを大量に保存しておくことは出来ないので、保存期間は長くでもおいしく食べられる保存食を選んでみました。保存食選びの参考にしていただければと思います。また、保存食を選ぶのにあたり、実際に食べてみることをおすすめします。実際に食べてみて、これならいける、と思うものを備蓄しておけば、いざというときも少しは安心できるでしょう。

お米

尾西のアルファ米尾西のアルファ米 9種類全部入りセット

アルファ米とは、一度炊いた米を乾燥させ長期保存を可能にした保存食です。
乾燥している米をお湯や水を注ぐことで食べられるようになります。お湯だけではなく水でも大丈夫なところが安心です。尾西のアルファ米は非常食としては定番で、食べてみるとわかりますが、味もそこそこいけます。また保存期間も製造から5年間なので、長期保存も可能です。種類もいくつかありますので、一度食べてみて自分や家族の好みのものを探しておくとよいと思います。
防災用の食料として、お米はぜひ用意しておいたいですよね。


パスタ

マジックパスタ 保存食マジックパスタ(カルボナーラ・ペペロンチーノ・ナポリタン)

マジックパスタはお湯を入れて3分で食べることができるパスタです。保存期間はカルボナーラ、ペペロンチーノが5年間、ナポリタンが2年間となっており長期保存も可能です。マジックパスタは、味もよく、官公庁や大手企業に備蓄実績がある人気商品です。タイミングによっては、入手しづらい時期があるかもしれません。お米だけでなく、パスタもあると体調や気分に合わせて食べ分けることができるのでよいのではないでしょうか。
注意点としては、食べるのにお湯が必要なことです。お湯を沸かせるもの(カセットコンロなど)も合わせて準備しておく必要があります。


餅・甘いもの

保存用 あんこ餅アッというまにあんこ餅 3袋セット

「アッというまにあんこ餅」は少量の水を注ぐことで食べられるようになる保存食です。保存期間は5年間となっています。
甘いものは、気持ちを落ち着かせ、心をリラックスさせる効果を促進する働きがあります。緊張状態を少しでも和らげるために、甘いものを用意しておくのもよいと思います。
また、「アッというまにあんこ餅」は餅ですので、主食の代わりにもなります。主食と甘いものを同時にまかなえますので、防災用にぜひ備えておきたい保存食です。


惣菜缶詰

保存食 惣菜缶詰惣菜缶詰 金沢ふくら屋 味の匠 缶詰24缶セット

「金沢ふくら屋 味の匠 24缶セット」は和食惣菜を缶詰にしたセットです。保存期間は3年になっていますので、保存食としても利用できます。この「味の匠缶詰」は缶詰ですが、かなりおいしいです。セット価格で1缶 約240円程度と少々高めですが、味を考えればこの価格でも納得の商品だと思います。
防災用というだけでなく、日常生活でも十分使えますので、急に食事を用意しなければならなくなったときや、酒のつまみにも最適です。